ハーブティーのおはなし

●不眠・安眠に効果的なハーブティー●

眠れないという悩みはとっても重大な悩みです。
眠りによってその日一日の活動の質も変わってきますね。
やはりぐっすり眠れてリフレッシュしたときには一日を元気に過ごすこともできますし、 なにより眠れるということは精神的な面にも大きく影響します。

毎日布団に入って「眠れなかったらどうしよう」「今日もまた眠れないのでは」 と考えると憂鬱にもなります。

今回はそんな不眠や眠るために効果が期待できるハーブティーを紹介します。

☆カモミールティー☆

胃腸の調子を整える作用やストレス性の下痢に対して良く、ホルモンバランスの調整もしてくれるので 女性特有の生理痛や生理不順、また冷え性などにも有効的なため、毎月の生理の不調に悩む人にもおすすめできます。

心を穏やかに落ち着かせてくれ、緊張や不安、怒りや恐怖をやわらげてくれて安眠へ誘います。
ものによってはお子さん用にもカモミールティーが飲ませることができるので、 夜泣き対策などにも使用されることがあります。

このハーブティーをタオルなどに浸して絞り湿布にすると、目の上に乗せると目の疲労回復にも効果的です。

りんごのような香りで、味は甘みがあります。

※キク科の植物のため、アレルギーの人は使用を控えるなどしましょう。

☆パッションフラワー☆

向精神性ハーブとして、不眠や不安、イライラの改善に有効的なハーブです。

日本ではトケイソウと呼ばれていて、昔から鎮静効果のあるハーブとして知られています。

特に精神的な緊張や神経性の不眠症状に効果があるとされているので、 日常生活でストレスが多く、不安感や緊張を感じる場面に疲れている人にはいいでしょう。
緊張からくる肩こり、頭痛にも有効的なので、天然の鎮痛剤とも呼ばれています。

利尿作用もあるので、夜寝る前に飲みすぎないようにするといいですね。

草のような香りで、クセがなく飲みやすいでしょう。

※妊娠中の人は使用を控えましょう

☆リンデンフラワー☆

鎮静作用が大きなリンデンフラワーは、精神的なストレスの緩和に有効的です。
イライラや緊張、不安からくる不眠にとって良く、心の落ち着きを取り戻させてくれます。

また成分のビオフラボノイドには血圧を下げる働きもあるので、高血圧や動脈硬化などの予防が期待できます。

禁忌事項もなく、甘い香りでクセがないので飲みやすさも良いため、初めての人にもいいでしょう。

☆セントジョンズワート☆

鎮静作用があり、不眠の治療などの医療目的で使用されてきたハーブです。

脳内のセロトニン濃度を高めて抗うつ作用をもたらすことが報告されているため 精神的な落ち込み、不安や恐怖を感じている時、他にも生理の時の憂鬱な気持ちやイライラにも効果的です。
セントジョンズワートには肌に塗るオイルもありますが、オイルはリウマチや捻挫、外傷、神経痛など 痛みに対して効果的で、飲む際には心のケアのために使われています。

すっきりとした香りで、少し苦味はあるものの、さっぱりとして飲みやすい味です。

※妊娠中は控えましょう
※薬との相互作用があるため、薬と併用する際は医師に相談しましょう
※光感受性が高まるので使用後は直射日光を避けましょう