ハーブティーのおはなし

●女性特有の悩みPMS・生理痛に有効的なハーブティーとは●

生理痛は女性にとって毎月の悩み。
こんなものがなければどれだけ楽か・・・と思ったことのある人は多いことでしょう。
また月経前症候群PMSに悩む人も多い反面、対処をしている人は少ないことも事実。
もう仕方ないこと、と諦めて過ぎるのを待っている状態の方が多くいます。
しかし、原因のホルモンバランスの乱れや冷えを解消することでPMSにも生理痛にも効果的であれば、 ハーブティーを是非飲んでおきたいところですね。
薬に頼らず、自然の力で不快症状が楽になるのであればそれに越したことはありません。

今回は生理痛・PMSに有効的なハーブティーを紹介します。

◎サフラン

スペイン料理やフランス料理などではスパイスとして使われています。
日本ではなじみはあまりないかもしれません。

ホルモンバランスを調整してくれるため、生理痛や生理不順、更年期障害などの 女性特有の症状に効果的です。
血行促進作用もあるため、冷えに悩む人にもぴったりです。
精神的な面に対しては、ヒステリーになっている心を落ち着かせてくれます。

匂いは独特で味には苦味があるので、好き嫌いはわかれそうです。

※通経作用があるため、妊娠中の方は控えましょう
※大量に飲用することで体への負担がある場合があるため、飲む量には注意が必要です

◎チェストベリー

PMSに対して効果的なのでサプリメントとして売っていることもあります。
またこのチェストベリーの成分からPMSの緩和として医薬品も出ています。

チェストベリーはホルモン中枢である脳下垂体に作用するためホルモンバランスを調整してくれます。
そのためPMSの際に起きる不快な症状や精神的に不安定になっている心にも働きかけてくれるので、 まさに女性のための治療には最適といえるでしょう。

すっきりとした香りながら味は苦味があります。

※子供・妊娠中の方は使用を控えましょう
※ピルなどの経口避妊薬の効果がさがることがあります

◎レディスマントル

古くから薬草として婦人科系の症状に用いられていたハーブです。

生理痛、生理不順、更年期障害の緩和、改善に有効的です。
また産後の回復も助けてくれるので、女性にとって長く付き合えるハーブです。

下痢や胃腸炎、のどの痛みや口内炎などにも良く、飲むだけでなくうがいとしても使えます。

干し草のような匂いで、クセのない口当たりです。

※ホルモン様作用があるため妊娠中の人は控えましょう

◎ホップ

ビールの香りつけや苦味の原料なので、ビールの独特の香りや味が好きな人にはいいでしょう。

ホルモン作用と鎮静作用、安眠作用もあるので、生理痛やPMS、更年期障害からくる深い症状で 眠りが浅い、寝付けない、などにも良く、リラックスに導いてくれます。

ビールのような匂いと味で、やや苦味があります。

※うつの傾向がある人は使用を控えましょう
※子供への使用は控えましょう