ハーブティーのおはなし

●風邪や風邪予防に効果的なハーブティーとは●

年末に向けて忙しさと寒さが増し、疲れが取れないまま免疫力が下がり 気付けば毎年風邪を引いている、という人もいることでしょう。
クリスマスや忘年会など外に出る機会も多く、楽しいイベント事も多い冬だからこそ 元気に年を越したいですね。

そんな年末年始の多忙な時期だからこそ、体調は気を付けたいところ。
今回は風邪や風邪予防に効果的なハーブティーを紹介します。

◎ジンジャー◎

風邪をひいたときには「生姜」というイメージは日本人にもありますね。
ジンジャーティーは体を温めてくれるため、風邪の引きはじめの悪寒の時に飲むといいでしょう。
胃も温まるので食欲を促し、消化を助けてくれるので、食欲がなくなりがちな時こそ飲みたいですね。

また吐き気も抑えてくれるので、食欲もなく吐き気のあるときに効果的です。

他に去痰作用があるので、喉の調子が悪いときにも飲むことができます。

香りも味も、生姜特有の香りとピリッとした辛みを感じます。

※胆石のある人は医師に相談をして飲用しましょう
※妊娠中の人は控えましょう

◎シナモン◎

香辛料やお菓子のアクセントに使われることのあるシナモンですが、 実はとても体に嬉しい効果が沢山あります。

消化器系を温めてくれるため、消化不良の解消や吐き気の緩和、 冷えからくる風邪や下痢、冷えでひどくなる生理痛や関節炎にも効果的です。
他にも神経強壮作用と共に弛緩作用もあるので、疲れた時や気持ちが不安な時には心を落ち着かせてくれます。

アロマの精油には広範囲の菌に対して強力に作用し、抗ウイルス作用もあります。
抗寄生虫作用、殺寄生虫作用もある点においても特徴的です。

香りはシナモン独特の香りがして、甘みとスパイシーさがあります。

※妊娠中は控えましょう
※多量に飲むことも控えましょう
※アレルギーのある人は飲まないようにしましょう

◎エキナセア◎

インディアンのハーブと呼ばれており、虫さされの手当てなどに使われているハーブですが 免疫力を活性化してくれることと、抗ウイルス作用、抗感染症作用があるため 風邪やインフルエンザ、その他の感染症の予防や治療に有効的です。

発汗作用もあるので、汗をかいて悪いものを出すのにはいいですね。

香りは草木のような香りでクセがなく、口当たりも良く飲みやすいものです。

※キク科のアレルギーの人は注意が必要です。


◎ローズヒップ◎

ビタミンA、B、C、D、E、Kなど、ビタミンを豊富に含んでいます。
ビタミンCに関してはレモンの約10~20倍といわれています。

ストレスで疲れているひちゃ、紫外線を浴びる環境にある人、喫煙者、飲酒する人は ビタミンCを多く消費しますので、積極的に摂取したいところです。

ビタミンを摂ることで風邪予防にもなりますので、美容が気になるひとも 風邪予防と美容のために飲むといいでしょう。

香りは甘く、酸味があります。

※長期にわたる飲用や多量に摂取すると下痢をすることがあるので注意